アルバイト先でケガをした!労災保険は使えないの?

裏話

レストランでアルバイトをしています。

先日、厨房(ちゅうぼう)で誤って鍋をひっくり返し、大やけどを負ってしまいました。

店長に国民健康保険で治療を受けるように言われました。

言われるがまま、そうしたのですが、労災保険であれば休業補償も出ると聞いて店長に相談したんです。

アルバイトには、労災保険は使えないと言われました。

【仕事のトラブル、相談はこちら|専門家へ相談するなら弁護士に!

 

確かに労災保険の保険料は支払っていないのですが・・・。

でも、納得がいきません。

店長の言ったように自分の国民健康保険で治療しなければならないのでしょうか?

kyuubou1

労災はアルバイトでは適用されないの?

労災保険は、事業主が従業員を一人でも雇用している場合は適用事業となり、労災保険に加入しなければなりません。

労働者は、正社員・アルバイト・パートなどの区別なく、また労働時間の長短に関わらず、誰にでも適用されます。

仕事中または通勤中に負傷した場合は、アルバイトであっても一般の従業員と同様、労災保険の給付を、受けることができるのです。

労災保険の保険料は全額事業主負担で、労働者が支払う必要はありません。

労災保険は一人ずつ加入手続きをしませんし、保険証もないため、「自分は労災保険に入っていない」と勘違いする人も多いものです。

店長が言う「アルバイトには労災保険は使えない。」というのは誤りです。

労災であるのに、労災申請しないというのは違法です。

時として労災保険に加入していない、保険料を納めていないという事業所があるのですが、これはもちろん違法です。

今回のような怪我の場合、労災事故に国民健康保険を使ってはいけないのです。

店が労災に加入してなかった場合、怪我した人は泣き寝入り?

このレストランの店長がそういった違法行為をしていたとしたらこのアルバイターは救済されないのか?

それでは怪我をした人は困りますよね。

そもそも労災保険は事業主が加入すべきもの。

もし事業主が加入、納めていなかったとしても、このアルバイター(労働者)の責任ではありません。

よって、労災保険による保険給付を受けることができます。

雇用主である店長が申請をこばんだ場合は、自分で管轄の労働基準監督署の労災課に申告。

労災の手続きを進めることができるのです。

労働基準監督署から店長に指導を行い、また悪質であれば罰することもあります。

労災保険に加入していても、申請をすることで労働基準監督署に目をつけられる。

保険料が高くなるのを避けたいなどの理由で労災隠しをする事業主は、今回のケースのように「国民健康保険で治療を受けるように」と言うことがあります。

国民健康保険で治療を受けると、医療費の3割が自己負担となるうえ、仕事ができなくなった時の休業補償がほとんどありません。

事業主が十分な補償をしてくれないということになれば、このアルバイターは、もうどうしようもありません。

tyuubou2

労災保険が適用されるメリット

労災保険が適用されると、基本的に医療費は自己負担ではありません。

休業補償や障害補償なども充実しています。

すでに国民健康保険で治療をしてしまった場合どうなるの?

今回のケースは「店長に国民健康保険で治療を受けるように言われ、国民健康保険で受診してしまいましたよね。

でも安心してください。

怪我が治ってからでも申請できるんです!!

もし、店長が労災保険を使わせてくれないという場合でも治療を受けた医師にその旨を伝えて労災保険に切り替えてもらうようにします。

そして、所定の手続きを行い、支払い済みの費用を払い戻してもらいましょう

しかし特例もあります。

労災の使えない特例とは?

注意しなければならないものとして、労働契約でなく請負契約となっている場合は、労災の適用がない場合もあります。

また、仕事中のけがや病気がすべて労災とは限りません。

例えば

  • 業務逸脱行為
  • 私的行為
  • 自分勝手な行為

上記が原因で、ケガをや病気になった場合。

それが仕事中であっても労災にはならないので、自分の健康保険で治療を受けることになります。

労災かどうかわからない場合は、労働基準監督署や専門家である弁護士に相談するといいでしょう

細かいことなどわからないことは、受診の際、医師にケガの発生状況をくわしく伝えることで、労災の有無を判断してもらえることもあります。

また、派遣アルバイトとして働いている場合

「仕事中にケガをしたのであれば、派遣先の労災保険を使えるのでは?」と、考える人が多いのですが、これは違います。

この場合は、派遣会社(派遣元)の労災保険を使うことになりますのでご注意ください。

わからないことは無料相談があります。無料で相談できるのでぜひ活用してみてください!!

【仕事のトラブル、相談はこちらを参考にしてください|専門家へ相談するなら弁護士に!

コメント

タイトルとURLをコピーしました