仕事休憩中に事故!!個人の車だけど会社はどこまで責任とってくれるの?

会社トラブル

川中さんは外回りのセールスマンです。

きょうは金曜日。

「きょうを頑張れば明日から休み。」

川中さんは明日ドライブの予定がありました。

最近付き合い始めた彼女との初めてのデートなので、ちょっとワクワクしているのでした。

突然の事故

きょうも元気に営業に出かけた川中さんですが、会社に戻る途中信号待ちをしていたときに後ろの車に追突されてしまいました。追突した人は吉田さん。

このケースの場合、

衝突された人は被害者の川中さん

追突した人は加害者の吉田さんです。

車は吉田さん所有のもので、彼女は会社の営業のために自分の車を使っていたのです。

吉田さんは昼食のため自宅に戻る途中でした。

午前のクライアントさんとの話が長くなってしまい、午後からの予定もあることから少し焦っていたのです。

この事故で当初軽い打撲傷だと考えていた川中さんでしたが、意外に肩と首のダメージが大きく、3週間の入院が必要になってしまったのです。

仕事に穴を開けることになってしまった川中さん。

仕事もできず、明日のデートもダメになり、がっかりです。

また、セールスマンとして川中さんはトップクラスなのです。

川中さんが抜けるということは会社にとっても大きな損失です。

会社も川中さんも「この損失をどうしてくれる。」と怒りでいっぱいです。

川中さんと会社は吉田さんとその会社から駆けつけた社員に怒りをぶつけています。

さあ誰に、どのような請求ができるのでしょうか?

会社によっては業務に個人所有の車持ち込みを求めるところもあります。

だとしたら・・・どうでしょう?

会社が責任を負うことになるような気がしませんか?

これが会社の車で事故を起したのであれば、問題なく会社に請求できると思います。

追突した吉田さんの車が個人の所有というところが今回の問題点です。

これは民法715条に規定されているのです。

従業員が会社の業務に関連して第三者に損害を与えた場合、従業員だけでなく会社に対しても損害賠償を請求できるとされています。

ですから、吉田さんが個人所有の車を運転していて起こした事故であっても、会社の業務で営業をするために使用していたのであれば、事故の被害者である川中さんはこの民法の規定に従って吉田さんと彼女の勤務する会社に損害賠償の請求ができるのです。

しかし、少し気になるところがあります。

吉田さんは昼食のために自宅に戻る途中だったのですよね。

厳密に言うとこれは業務ではありません。

では、この時間は業務外のものとして認められないのでしょうか。

そんなことないですよね。

業務の間の昼休みということで勤務時間同様に補償されるのではないでしょうか?

昼休みは勤務時間にならないの?

裁判では一般的に被害者保護の観点から会社が負う責任の範囲を広くしています。

吉田さんは、全くの私用運転ではなく、仕事の合間に昼食をとるために自宅に戻る途中だったということで、業務の範囲内と考えられるのです。

職業・年収で変わる賠償金とは

セールスマンとして川中さんはトップクラスみたいに年収が高い人の場合、慰謝料は高いのか?

そこ疑問ですよね・・・・

結論から言うというと慰謝料の金額は誰でも一律です。

慰謝料とは、交通事故の被害者が受けた精神的苦痛に対する賠償金なので人によって違いはありません。

人によって違う賠償金と言えば、休業損害額や、逸失利益額です。

ここでは休業損害額についてお話しいたします。

休業損害額とは

川中さんについては、3週間の入院のため会社にとっては大きな損失を受けることになりました。

休業により、本来得られたはずの収入が得られなくなりますよね。

川中さんの休業損害は

事故前の基礎収入(1日当たり)×休業日数で計算することができます。

川中さんが休業で会社も損害を受けた!加害者に会社も請求できるのか?

会社も「この損失をどうにかしてほしい」と考えているわけですが・・・・

この損害も吉田さんの会社に請求できるのでしょうか?

残念ながら今回のケースではこの損失請求はできないんです。

「どうしてなんだ。」という声が聞こえてきそうです。

このような場合、「会社と被害者が一体であると認められる関係であれば請求できる」のですが、今回のケースはそうではないですよね。

社長兼社員である個人会社を一人で切り盛りしている場合、会社が一体、同一と考えられる場合であれば認められます。

その理由は、一人経営者兼社員が被害に遭うと当然経営が立ち行かなくなるわけです。

こういった場合は賠償が必要になります。

しかし川中さんは社員。

川中さんの会社としては、なかなか納得しがたいと思うのですが、トップ営業マンであろうが社員の一人です。

多くの従業員を抱えているのですから、こういった不慮の事故が起こることも考えて、備えをしっかりしておくことが必要です。

まとめ

どんな理由があるにせよ事故を起こしてしまったのは吉田さんです。

川中さんが個人事業者であれば、その分の損害賠償が生じる危険もあったわけです。

自分のふとした不注意が川中さんや彼の会社、そして自分が勤める会社にも迷惑をかけてしまったのですから大いに反省しないといけませんね。

ハンドルを握る時には落ち着いて・・・。

川中さん、今回は本当に大変でした。

早くケガが治りますように。

そうそう、デートの予定がダメになってしまいましたね。

その損害賠償は残念ながらできません。

どうぞこの事故をきっかけにさらにさらにおふたりが強い絆で結ばれますように心から祈ります。

《詳しくはこちら》

交通事故の悩みや問題を無料相談できる専門家一覧【電話メールあり】過失割合や示談金に納得できない場合は専門家へ - 弁護士無料相談サポート
交通事故に必要な専門的な知識・ノウハウを持った弁護士を紹介します。交通事故の交渉では難しい言葉や専門知識も多く出てきます。示談交渉で分からないことや納得ができないことがあったら、無料相談を活用してアドバイスを受けましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました